二段ベッドだからできること!狭いスペースを有効活用する方法

部屋を有効活用しよう

利便性が良いベッドとは

二段ベッド

兄弟や姉妹がいる家庭で、二人部屋となる場合は部屋のスペースを有効活用しなければなりません。しかし限られたスペースにベッドを横に並べると部屋が窮屈になってしまい、そこに二人分の所有物をすべてしまおうとすると大変です。その収納方法に頭を悩ませてしまう人は少なくありません。そこで、二段ベッドを活用すると良いです。これは、一つ部屋に複数の子供がいて、十分なスペースが確保できない場合に最適です。そして、この二段ベッドにはいくつかの利点があります。まず、二つベッドを横に並べるより、上の空間を利用して縦に二つ並べるので、部屋のスペースが確保できます。つまり、部屋に置いてもベッド一台分のスペースしか使わないのです。これにより、勉強机や本棚といった比較的大きなものを設置することが出来ます。さらに、二段ベッドの下などは収納スペースに利用することが可能です。例えば、洋服や勉強道具などの身の回りの物を、下に収納することが出来ます。そして、二段ベッドは使い勝手が良いものが多いです。例えば、切り離してそれぞれシングルベッドとして使用できるものや、二台つなげて大きなサイズに出来るものもあります。これにより、家の増改築などをおこなって、子供部屋が広くなった時に活用が出来るようになっています。このように、時とともに子供の成長や生活の環境は変わります。利便性に優れている二段ベッドは、変化に柔軟に対応できるので、検討してみるのも良いでしょう。

床下収納も大事です

寝室

子供部屋に二段ベッドを置く事を検討するご家庭は多く、まず二段ベッドの種類を知り、それぞれの部屋に合った使い方をする事も大切です。大人になっても使い続ける事ができる二段ベッドにする選択肢もあり、サイズに注意しながら商品を選ぶ事もポイントですし、上と下を切り離して使える機能に注目です。子供がまだ小さい時は、子供二人で一つの部屋を使うご家庭は多く、二段ベッドを用意し、子供が成長した時に上と下を切り離せれば、部屋が別々になっても使えます。そして、子供一人一人が自分の部屋を持つ時に、新しいベッドを買うのはお金がかかるため、今まで使っていたベッドを切り離して、活用できるメリットは大きいです。二段ベッドの中には、床下収納を充実させることができる特徴を持つ商品もあるため、収納スペースを確保したい時に便利です。床下の広さにも満足できる二段ベッドもあり、収納ケースを入れて、衣類などを収納することもできますし、引き出しが付いている二段ベッドもあります。床下部分だけではなく、階段付きの二段ベッドの場合、階段下にも同じように引き出しが付いており、スペースを無駄なく使い、収納ができます。二段ベッドは、大人になっても使える事と収納スペースの広さの二点を押さえ、商品選びを行う事で、安心して長く使い続ける事ができるようになります。丈夫な二段ベッドを見つける事も大切なポイントなので、耐震対策が取られているかなど、商品の特徴を調べる事も重要です。

心地良い寝床とは

枕

子供でも大人でも共通して使っているのがベッドです。その中でも二段ベッドは兄弟が多い家庭が使用しているイメージですが、大人になってからも使用出来ますしメリットが多い家具です。二段ベッドは子供の頃に購入しても、分割すればシングルベッドとして使用する事が出来ます。将来を見据えて、長く使用出来るデザインを選ぶと良いですね。また長期的な目線としては耐久性も選ぶ際に注目したい点です。耐荷重は体重とイコールではありません。腰かけたり上で跳ねたりすると、瞬間的にベッドにかかる体重が変わってきます。柱の太さや連結部分の金具などで耐久性を上げる事が出来ます。柱は太めのものを、金具は木製より金属製のものを選ぶと良いでしょう。また地震の横揺れや寝返りの時のきしみにくさについての耐久性も視野に入れた方がいいですね。最近の二段ベッドはベッドの下に収納があるものや、宮棚があるものもあります。収納は特に子供が使用する場合は、服やおもちゃを入れたり出来るのであったに越した事はないでしょう。宮棚はライトがあれば下の段に寝る人も本を読むことや、暗くても軽作業をする事が出来ます。また、コンセントも付いているタイプが多いので、子供がゲームや成長してスマートフォンを持つようになれば充電をする事も出来るでしょう。二段ベッドは上段に寝ている人の圧迫感が気になる点ではありますが、最近ではロータイプも販売されており低い為に上部にスペースが生まれ解放感を得る事が出来ます。高さが無いので寝具が交換しやすいことや、地震の横揺れに強いなどのメリットもあります。自分にあった二段ベッドを選んで心地よい睡眠をしましょう。